小林公認会計士事務所概要・アクセス

メールでのお問い合わせはこちら

【北大路オフィス】
〒603-8178
京都市北区紫竹下梅ノ木町58-1

TEL: 075-495-1320
FAX: 075-203-5273

【京都駅前オフィス】
〒601-8006
京都市南区東九条東岩本町15-22
シャーメゾンソレイユ102号室

TEL: 075-693-8007
FAX: 075-693-8017

営業時間 : 9:30~17:30
定休日 : 土曜・日曜・祝日

予約があれば、
土曜・日曜・祝日でも対応可

M&A支援

事業の継続的発展を実現するためのM&A

小林公認会計事務所では、M&Aの各局面において、それぞれの状況に応じた支援を行い、貴社の成長の糧となるM&Aの実現をサポートいたします。

事業の継続的発展を実現するためには、M&Aと言う手法を活用することも有効な手段となります。 最近では、M&Aは、業種や企業規模の大小を問わず利用されるようになりました。
事業の効率的な拡大、コア事業あるいは周辺事業の再編、新規事業の急速な立ち上げ、あるいは、事業承継の一環として育ててきた事業の第三者へのバトンタッチの手段としてさまざまな場面においてさまざまな形態のM&Aが行われています。

一方で、この手法には、大きなリスクを伴うことも事実です。また、案件ごとに、必要となる対応が異なります。

当事務所では、以下のM&Aの各局面において、それぞれの状況に応じた支援を行い、貴社の成長の糧となるM&Aの実現をサポートいたします。

財務デューデリジェンス
(調査業務)

買収先が保有している資産・負債を査定し、適切な買収価額を評価する基礎を提供します。

バリュエーション
(株式価値等評価業務)

買収価額決定の局面において、対象会社又は対象事業の実態に即したバリュエーション(価値評価)を行い、価額交渉・決定に寄与するサービスの提供を行います。


買収手法策定支援(M&A最適スキームの検討)

M&Aにおいては、株式譲渡や事業譲渡、合併等をはじめとする多種多様な買収手法の中から、貴社にとって最適な買収手法を選択する事が重要です。

当事務所では、貴社にとって最適な買収手法の策定を支援するとともに、会計基準や納税負担にも配慮したM&Aスキームの提案と検討を行います。



PAGETOP

Copyright(c) Kobayashi All Rights Reserved.